スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サルティンボッカ!

なんとまあ、久しぶりのイタリアン記事でございます。

「サルティンボッカ」

美味しいのです。

サルティンボッカ

私の数少ない(笑)定番おうちイタメシです。

時間がかからずにサッサと作れるところが、大きなメリットです。

イタリアンなので、パンやワインにはもちろん合うのですが、

なんと!白ご飯に合います!

ご飯が進んでしょうがないのです(笑)。ヤバいです(笑)。



ブタ肉料理なんだと思います(多分ね)。

私は、ヒレ肉を使っています。

セージの葉を使うものなのかもしれませんが、私は、生バジルを愛用しています。

生ハムは必須です。


豚ヒレ肉、生ハム、生バジルが、いつも家にあるかというとそんなことはありません(笑)。

家にあるもので、というわけにはいきませんが、わざわざ買い物をして作りたい一品です(笑)。



よかったら、作り方をご覧くださいませ。


(1)ヒレ肉を1センチ厚さに切りわけ、ラップにはさんでめん棒などでたたき、薄くする。
   軽く塩をして生バジルの葉をのせる

サルバジル



(2)更に生ハムをのせて、全体を小麦粉をまぶしつけて、
   オリーブオイルを敷いたフライパンで生ハム面から強火で焼く。

サルハム



(3)肉を裏返し、白ワイン(50cc)とブイヨンスープ(50cc)を加える。
   火が通ったら、肉を皿に盛りつける。
   使用したフライパンにバター(30g)を落とし、ソースにする。

   でっきあがり~☆



生バジルの葉がない時は、青じその葉で作ります。

邪道です(笑)。

白ワインがない時は、料理酒を使います。

ええ、邪道です(笑)。


細かいことは、あんまり気にしないで、、、、、、

美味しければ良いので~す!


初めは、大好きな生ハムに火を通してしまうことに抵抗があったのですが、あまりの美味しさに気にならなくなりました。

そのかわり、頂き物の高級生ハムは、使わずに(それは、そのまま生でいただきます)、スーパーで、お買い得な生ハムを買って、存分に使います(笑)。


作ってみると調理時間が短いことがおわかりいただけると思います。

いかがでしょうか?

おうちでイタリアン!







つぶやいてみる。

昨日の土曜日。
仕事を終え、帰宅。
どうしても必要な作業があり、覚悟して取り組む。
朝の5時までかかったし、、、、。
間に合ってよかった。
40代に徹夜はキツい。。。。

フト考えた。
看護師さんとか、介護士さんとか、夜中も神経使って働いている人たちって、たくさんいるもんな~。
すごいな。。。。
若い頃は、宿直勤務をしたこともあったけど、今は、もう無理っぽい。
必要ならやらねばならないのでしょうけれど。

仮眠は、したけれど、そうそうは眠れるもんじゃないです。
体がちょっとフワフワした感じ。
今晩は、早めに寝よう。
スポンサーサイト
プロフィール

まみらし

Author:まみらし
物は少なく!スッキリとした生活を目指しています!

ボチボチ更新ですが、よかったら遊びに来てくださいませ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。