ハードルを越える

なんだかかっこいいタイトルですね。。。。


現状維持が好きな私ですが(笑)、それでも越えたいハードルがあります。

目指していることがある、と言い換えることもできます。

他人から見ればたいしたことじゃないかもしれませんが、べつにいいんです(笑)。

ささやかでも私には大事なこと。




遠くにあるちょっとばかり高いハードルの越え方のお話。

難しい方法ではありません。

今、越えることができるハードルよりも、「ほんのちょっぴり」高いハードルを越える練習をすること。

ポイントは 「ほんのちょっぴり」です(笑)。

後戻りがあってもいい、それを繰り返していくのです。




これって、子育てにも役に立つことがあります

大人は、つい先を見過ぎてしまうので、子どもに高い要求をしがちです。

今もっている実力がレベル3なのに、いきなりレベル10を要求されたら、レベル4が達成できても、それは失敗になってしまう。

それにやる気も萎えてしまうでしょう。だってがんばったってできないんだもん。

ちょっとだけがんばれば飛び越えられるハードルを用意して「できた!」の成功体験をいっぱいする。

そして、レベル1ずつの目標でupしていけば、そのたびに褒められるチャンスもありますしね。

結局は、それが成長への早道だと思うんです。


まみらしさんは、さぞ上手に子育てしたのだろうと思わないでくださいね(笑)。

反省ばかりの子育てでしたから(笑)。






今月のある日、いつものように祖母に会いに行きました。

祖母宅へ行くと、いつもこっそりチェックしていることがあります。

普段使いのガラスのコップに曇りがあれば、ピカピカにするのです。

祖母は、私のこの行動に気づいていません(笑)。

コップが多少曇っていようと、それでお腹を悪くするわけじゃなし、お客さん用でもないので、そんなことしなくてもいいんですけどね(笑)。

もし私が「コップ雲ってるよ。」と言えば、祖母は気をつけて洗うよう心がけるかもしれません。

でも、

大事なのは、祖母のコップがいつでもピカピカしていることじゃなく、祖母が90歳になっても自分で洗っていることなのです。

手先の動きだって鈍くなっているでしょうし、目だって見えづらいでしょう。

できることは、年々減っていくでしょう。

それでも、できるかぎり自分のことを自分でする。

それは「確実にハードルを越えている」のではないでしょうか。

人と比べる必要のない価値。




突然奇跡が起こって状況が一変する映画を見るのは面白いです。

好きです。お話としては(笑)。


でも、私の好みは「細く長く」です。

一瞬で出来上がっちゃうものは、くずれるのも速い気がする。

地味に積み上げていく。

そちらの方に魅力を感じる今日この頃。




カメ1
キミも乗り越えたいのかい?


カメ2
あらら、、、、
自分で起き上がるのですよ。







マスカット♪さんへ
拍手コメありがとうございます☆
過去記事を探してくださったのですね。うれしいです。
水キムチスープのダシは、私は和風派です。でも、中華でもいいかもしれませんね。


ami(あみ)さんへ
えっと、、、、最近コメ欄を閉じさせていただいております(汗っ)。
お返事をさせていただく心の余裕が今はないのでございます(苦笑)。
気にとめていただき感謝にたえません!ありがとうございます。
ちなみに、申し訳ないのですが基本的には拍手コメは、いただきっぱなしでお返事はさせていただいておりません。すみません。
また、遊びにいかせてくださいませ♬
近々コメ欄をあけたいと思っています☆よろしくお願いします☆



スポンサーサイト
プロフィール

まみらし

Author:まみらし
物は少なく!スッキリとした生活を目指しています!

ボチボチ更新ですが、よかったら遊びに来てくださいませ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード