スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハグしてます 再び

みな様の温かいコメントに感謝しつつ、コッパズカシイまみらしです。

私は、ただのそそっかしいオバさんですから(笑)。

私には、過分なお褒めのコメント、もったいないです。


今回、介護のことを記事にしようと思ったのには、ちょっとした企み、いえ、目的がありまして(笑)。
今の生活をあれもこれも記録として、日記にしたためたかったからです。

その理由は、、、、、、できたら、今年中に記事にできたらな~って思います!



前記事にも書きましたが、義父の介護は、義母ががんばっています。
そして、夫も。
夫の兄弟たちもとても助けてくれます。

私がしているのは、ほんの少しですから~(笑)。





もう、2、3年位前になりますが、介護保険を使って階段に手すりをつけました。

当時、すでに階段の片側の壁には手すりをつけていましたが、義父の足がだいぶ弱くなっていたので、壁のもう一方にも手すりをつけることにしたのです。

階段

こんな風に。

我が家は、毎日2階のリビングダイニングルームで夕食をいただきます。
長年、義父母も毎日階段を上がって食べにきていました。

(1階には、義父母用のキッチンもダイニングもあります)


実は、私は、この手すりを付けたくなかったのです。

ホール窓

ここは、私のお気に入りの場所でした。

2階のホールです。

正面に見える下半分の壁に、縦に細長い穴があるのをご覧くださいませ。
この細長い窓?は、安全のため、小さな子どもの頭が通らない幅にしてあります。

右側の窓を手すりがふさいでしまいました。

なんだか病院や施設みたいです。
階段もせまくなりました。

家族の生活の利便性を考えれば、これくらい、とるに足りないことでしょう。

自分を「セコいな」と思います(笑)。

足が悪くなって2階に来られなくなたら1階にもキッチンもリビングもあるんだし、そこで食べればいいのではないか、と考えました。



もし、これが息子のために必要だったとしたら?

こんな飾り窓、全く惜しくなかったでしょう、、、。

自分の為に必要だったら?
夫のためだったら?

家族のためなのに、、、、そして、義父母が暮らしやすいことが大事であることもわかっているのに、ちょっとでも、こんな窓を惜しいと思う自分。

実際、私は、こんなケチなヤツです。




義父は、1年もこの手すりを使いませんでしたが、今は、義母が毎日この手すりにつかまって階段を上ってきます。
それを見ると「これでよかったんだ。」って思います。

やっと、、、、。



今回は、コメント欄を閉じさせていただきますね。

みなさまに感謝をこめて

スポンサーサイト
プロフィール

まみらし

Author:まみらし
物は少なく!スッキリとした生活を目指しています!

ボチボチ更新ですが、よかったら遊びに来てくださいませ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。