スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震から6日目

たくさんの方々から応援メールをいただきありがとうございます。

すぐに返事をすることができずに申し訳ありませんが、ありがたく読ませていただいています。
皆様のお気持ちがありがたくて、涙腺が弱くなっています。

たくさんの方々に訪問していただいていますが、なかなかみなさんのところに伺うまではいきません。
すみませんが、もう少し落ち着いたら遊びにいかせてくださいませ。



余震が続いています。

震度3、4程度のものが毎日あります。
わずかな揺れも多いので、揺れなのか自分の感覚がおかしいのか、わからなくなります。

昨夜は長く眠りました。
夜12時前~朝7時半まで。ぐっすり。

地震で目が覚めたのは、たった1回でした。

地震が少なかったのか、私が気づかなかったのか。

でも、夢は地震の夢でした。


職場がとりあえず今週は、営業停止となりました。
交代勤務になったため、私は今日、明日は家にいます。

雑用はたくさんあって、ワサワサと動いていますが、忙しくてたまらないわけではありません。

出勤しない分、時間はあります。
ただ落ち着かなくて、いろいろなことが手につかないのだと思います。

食料の買い出しにいくのですが、いつものように買った物をサッサと合理的に片付けることがよくできない感じです。

情けないですね。


この3日くらいものすごい大風です。

風で家が揺れているのかと思うくらいです。
この地域ではめずらしいです。


今日は、母と次男と一緒に、ショートステイ先にいる義父に会いにいきました。

義父は安全に生活をしています。
本当にありがたいことです。
その施設長さんが、「こんな時だからしばらくおあずかりしても大丈夫ですよ。」と言ってくれました。

施設の話しによると、やはりガソリンがないため、デイサービス利用をされている方には、なるべく家族の送迎を頼んでいるとのこと。お風呂がシャワーのみになったことをお聞きしました。

職員の方々の通勤手段にお困りのようでした。
車通勤の方がほとんどですから。自転車を買おうと思ったけれども自転車が売っていないとか、、、。
えっ?!
自転車がない、、、。
う~~ん、そうか、、、、。

みな、考えることは同じですね。

と思ったところに次男が「友だちが自転車を盗まれたって、メールがきた」と。

我が家の自転車、鍵のかかる倉庫に入れた方がいいかな。



義父は、地震のことは全く覚えておらず、いつものように「帰りたい」と言っています。

忘れていられるものなら、その方が義父には幸せなことでしょうから、そのまま何も言わないでおきました。



三男の通学定期を買ったばかりだったことをハッと思い出しまして、駅へ行って払い戻しの交渉をしました。
だって、通学時間に電車が走らないし、学校にはいけないし、電車の定期はとっても高いのです。

今は、その手続きができないそうですが、書類をくれました。
落ち着いた頃にちゃんとやります。

電車が運行していないので、駅は閑散としていました。
いつもと違う違和感のある駅の風景でした。



うまく回らない頭で、要領悪く、それでもひとつずつの用事をこなしていきます。

大風で、ホコリっぽい家の中に掃除機をかけました。
その時も掃除機のスイッチの押し方を考えながら、電気を無駄にしないように気をつけます。

拭き掃除ですませられるところは、なるべく手で拭こうかな、、、、ゴム手袋して。


停電のことも考えて非常用のストーブを出しました。

ストーブ1

10年前に買ったストーブです。

やはり冬に停電しまして、念のために買ってありました。

初めて使いました、このストーブ。

子どもの頃は、この反射式のストーブでした。懐かしい。

燃料費も節約するためにお湯をわかしたり、大根を煮たり、干し芋を焼いて食べています。

ストーブ2

周りを明るく照らしたりもします。


これがあって、よかった、と思っています。

でも、、、今夜も寒いです。

東北で避難生活をされている方々が暖房もなく寒い思いをされていると思うと、このストーブひとつでも届けたい気持ちになります。
スポンサーサイト
プロフィール

まみらし

Author:まみらし
物は少なく!スッキリとした生活を目指しています!

ボチボチ更新ですが、よかったら遊びに来てくださいませ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。