卒業おめでとう

君へ

卒業おめでとう。

今日は、卒業式のはずでしたね。

私もそちらに行くことができなくなりましたが、遠くから精一杯の「おめでとう」を届けます。

卒業式が中止になったとしても君のがんばった日々は、輝いていますよね。



福島から大学の建物に避難してきている被災者の方々に優しくしてあげてください。

今は、卒業証書をいただくセレモニーよりも、そうすることの方が尊い行為です。



東北に一人住む君の安否がわかるまでの時間は、とても長く感じました。

無事がわかり、親としてはどんなに感謝してもしきれない気持ちです。


いつの間にか、そちらで良い友人や助けてくださる方々との人間関係ができていたのですね。

うれしいです。

その方々は、君の一生の宝物です。大事にしてください。



引き続き同じ学校で、さらに2年間学ぶのに、今、どんな気持ちでいるのかな。

希望でワクワクしていますか?


どうかお願いです。

一生懸命に勉強して、社会に貢献できる人になってください。
小さなことでもかまいませんから。

今、東北に住む君は、私よりももっと被災地の現状の厳しさをヒシヒシと感じているかもしれません。

これから、東北が復興していくために日本中が、応援していきます。

その一端を担う若者が、これから必要です。

どんな形でもいい、そういう人になって欲しいのです。

プレッシャーを感じますか?

君は、もうそれを受け止めるだけの気持ちが備わっていると思います。


たくさん学校に通うことができることを謙遜に受け止めてください。決して、高慢になってはいけません。

君の努力やがんばりは、どんなに褒めても足りないくらいです。

でも、君が学ぶためには、多くの人の援助(税金なども)があってこそなのです。

それを感謝して、将来は、自分のためにだけではなく、少しでも、人々の役に立つ仕事ができる人になって欲しいと思います。


今は、交通機関が使えないために、君が家に帰ってくることも、私が会いに行くこともできませんが、きっと、、、、、たぶん、、、、、今年中には、会えますよね。

その時は、笑って乾杯しましょう。





普段は、絶対に口に出さないであろう内容です。
母親にはあんまり言われたくないかもしれませんけどね(笑)。
今回は、なんらかの方法で長男に伝えたいと思います。

これも私の備忘録として。

スポンサーサイト
プロフィール

まみらし

Author:まみらし
物は少なく!スッキリとした生活を目指しています!

ボチボチ更新ですが、よかったら遊びに来てくださいませ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード