心の中で「なんでやねん」

7月の某日、ある出来事があり、私は心の中で

「なんでやねん」とつぶやいた。

普段使ったことがない言葉がどうして急に思い浮かんだのだろう。

よくわからないけれど、その時の私の気持ちを表すのにピッタリだった気がする。

最近、関西方面の方々と話しをする機会が何度もあった影響かな。

しかし、年下の彼らは、関西の言葉をしゃべってはくれないけれど。。。。



「どうしてこんなことになっちゃうのよ!おかしいじゃん!」

という状況。

欽ちゃんに言わせれば
「なんでこ~うなるの!」だろうか(笑)。

「なんでやねん」

なんて簡潔で気持ちをよく表してくれるのだろう!




以前からちょっと気になっていたことがあり、友人に聞いてみた。

彼女は、ずっと関東の人だが、関西の男性と結婚したため、関西の親戚ができたのだ。


まみらし:あのさ、、、。
     大阪の人って、普通の会話で「なんでやねん」ってホントに言うのかな、、、、。


なんだか、笑われそうな質問だが、私にとっては、テレビの中の世界っぽい感覚なのだ。


頭の良い彼女は、私が聞きたいことがすぐにわかったようで、丁寧に教えてくれた。

私たちは、テレビのお笑い番組で大阪弁を聞くだけだから、“速いテンポで、強い言葉”に感じてしまいがちだけれど、実際はそうでもない、とのこと。

男性の使う言葉と女性では、言い回しがだいぶ違うそうです。

友人によると

大阪の女性の言葉は「ゆっくりで、柔らかくて、かわいい」そうです。

そして、「なんでやねん」は使われるけれど、女性はまた違う言い方があるそうな。

フフ、やっぱりね。

なんだか嬉しくなっちゃいました。


ブログで、西日本方面の素敵なブロ友さんに出会えたので、自分の興味関心も膨らんでいるのです。



言葉って面白い。

子どもの頃、父が九州の父の実家に電話をするといきなり、言葉が変わる~。

「お父さん、“バッテン”とか言ってるし、、、」

異文化を感じましたねぇ。

ところで、私は、ほぼ完璧な三河弁を話すことができます、エッヘン!

子どもの頃は、すぐに言葉を覚えますものね。

でも、ある時、ふと気づいてしまった。

祖母(ずっと東京の人)が、私が、三河弁を話すのを面白くないって感じていることを。

かわいい孫が引っ越してしまい、違うイントネーションで話すようになったことが淋しかったのでしょう。

それまで、自慢気に三河弁を使っていた私は、祖母の気持ちに気づいてからは、使い分けをするようになりました。

子ども心に気をつかったんですね(笑)。




さて、私の子どもたちも同じように異文化を楽しんでくれているようでした。

彼らが小学生くらいの時のこと。

愛知県(三河方面)に連れて行き、私の友人の子どもたちと何度も遊ばせました。

我が愛すべき三河弁は、

「ど」をつけて「どいや~」「どいい~じゃん」「どきれい」など言います。

「ど」をつけると「とっても」「すごく」をつけたのと同じ意味になります。



ある日、家にあった大きなリンゴを見て、嬉しそうに息子が言いました。

「お母さん、これは、“どリンゴ”だよね」


まみらし心の声:

息子よ。三河弁における強調の「ど」は、名詞に付随するものではなく、おもに形容詞に、、、、、。
まあ、いいや、、、。


「そうだね!どリンゴだね!」



言葉は、現地で学ぶのが一番ですよね。。。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは♪

私、新婚時代は愛知県にいましたよ~
といっても、宝飯郡一宮町ですが(^^)・・豊川の隣です。
田舎なので、方弁はたしか「○○だら~」「○○じゃんねぇ?」
「だもんでさー」そんな感じだったと思う^m^

高知で「とても」は、「こじゃんち」「こじゃんと」といいます(^^)
こじゃんち 味がえいき、まぁ食べて行きや~
↑とても美味しいから、是非食べて行って

方弁も、年代でも、また違ってきていますよね(^^)

ゆるカワなヘアスタイルのまみらしさん、
 どかわいい!^m^♡







No title

こんにちは♪

「なんでやねん」は普通に使うような気がしています
女性は他の言葉がある??
逆にその言葉を知らない「私」です

もっとも出身は関西ではないので生粋の関西弁多分判っていないです
イントネーションだけは長年いても違います
ただテレビに出ているお笑い系の方が使うようなこてこての関西弁
使う人って案外少ないかもしれませんね

No title

こんにちは。

「ど」がつくんですね~
「どえりゃー」も、「ど えらい」ってことなのかしら????

「ど」と同じであれば。やはり北海道ですから「なまら」です(笑)


関西弁 私も好きなんですけどね~。
きついというけど、なんかふんわり柔らかな感じもあるでしょう?

No title

鎖骨美人さんこんばんは(〃ω〃)♪
私の中で「オカアサーン」て呼んでたけど(笑)、これからは
「お姉さーん」て呼びます♪

愛知に来て5年になりましたが、絶対自分の言葉は大事に
していこうと思いつつ、ついつられて愛知弁になってしまいます(笑)
知らない内にイントネーションまで変わってたりして帰省したときは
妹に怒られたりしてます(笑)

No title

関西弁!
ちょっとキツいイメージがありますかねぇ!

大将は、阿波弁ですが
友達とかと飲み会していると
『なんでやねん!』 ッてツッコんでいますよ!(笑)
関西の方は、どうか分かりませんが
大将の周りでは、ツッコミで良く使ってます!(笑)

No title

「なんでやねん!」普通に毎日飛び交っています。
聞かない日はないほど・・・。

私の知ってる大阪の子に、ゆっくりしゃべる人はいません。
みんな早口です。カワイイ大阪弁ってどんなんやろう?
大阪弁のよさはテンポです。

大阪にもいろんな大阪があって、河内のあたりになると
特にキツク感じます。
「ワレ、何しとんねん?」
ワレの「レ」は、完全に舌巻いていて、
普通の女の子がこんな風にしゃべります。
なれるまでは、おうちがヤ○ザさんかと思いましたよ。
いえいえ普通のおうちの子。

大阪の専門学校に2年通い、大阪で仕事4年。
大阪弁は理解しています。
やっぱり、「好きやねん!」っていうのが、一番やわ!

我が家の子は、播州弁でしゃべります。
私は、最近、播州弁と京都弁のMIXです。
あと、
「もうかりまっか」
「ぼちぼちでんな」は
テレビでしか聞いたことがありません。




三河弁?

やっぱ…

「なんでだ」ですよね!

No title

こんにちは、「ばってん」をナチュラルにつかえるとこです(笑)

学生時代、関西にいたのですが、地元の女の子は、
「なんでやのん?」
って言っていたような・・・。
京都と大阪も微妙に違うらしいですが。
もう記憶も曖昧ですが。
ちなみに佐賀弁だと「なし?」かな?

前の記事のお写真、私も「若い!」って思いました。
まみらしさんとこ、大きな息子さんでしたよね?
絶対見えない~!

あねもねさんへ

あねもねさん、こんばんは!
愛知県に住んでいらっしゃったことがあるんですか!?
なんだか嬉しいですねぇ。
一宮町わかりますよ。
多分、言葉はほぼ同じだと思います。

「こじゃんち」「こじゃんと」
おお、初めて聞きました。
なんだか、いい響きです。ちょっとカワイイさも感じる。

確かに年代で違いますよね。
茨城県に引っ越してきた時、近所のお年寄りの言葉は聞き取れませんでした、残念ながら、、、(笑)。

わ~。ホメてもらった、、、、。
ささ、あねもねさんもこちらへいらして、、、。
お茶でもいれますから~(笑)

はやとうりさんへ

はやとうりさん、こんばんは!

今、関西方面にお住まいということでしょうか?
「なんでやねんの国」にいらっしゃるのですね(笑)。

私は、ほぼテレビでしか関西弁を知らないという者でございます。
そして、、、、やっぱりテレビはテレビなのでしょうかね(笑)。
いつか、かの地で、本物を聞いてみたいです。
いろんな言葉に興味がある、というか、人に興味があるのかもしれません(笑)。

kei506さんへ

keiさん、こんばんは!

そうなんです。
「ど」がつくんですよ~(笑)三河弁には。
同じ愛知県でも、名古屋方面は、尾張(おわり)と言います。
「どえりゃー」は名古屋方面ですね。
同じ愛知県民同士で「三河弁」と「尾張弁」の違い談義をあれやこれや楽しむことはできますが、他県民の方からすれば、その違いはほとんどわからないと思います(笑)。

ところで、、、、、「なまら」ですって?
またまた初めて聞くことば、、、。
息子が帰ってきたら聞いてみよう~(笑)。

can*さんへ

can*さん、こんばんは!

「オカアサ~ン」でもいいんですけどね、、、(笑)。
「お姉さーん」になったぁ♬(笑)。

5年ですか、、、、。
実際に住むとね、だんだん染まりますよね(笑)。
私は、もともと両親も愛知ではなかったから、家族間では、あまり、三河弁はでないけれど友だちとしゃべる時は、一瞬で変われます(笑)。

妹さんもきっと淋しいんじゃないかな~。

和の香の大将 さんへ

大将、こんばんは!

おお、「なんでやねん」は、活動範囲が広いのですね。

つっこみで使うのは、なんとなくわかります。
テレビでやってるから(笑)。

このたびの私の心の中では、、、、
自分で自分につっこんだような気が、、、、(笑)。
実際に使ったことはなく、あくまでも「心の中で」ですが(笑)。

mikimikyさんへ

mikimikyさん、こんばんは!

すごい!リアルな情報です!
「なんでやねん」は、かなり日常的に使われているのですね。

そして、大阪の中でも地域性があるんですね。そうですよねぇ。広いですものね。
お知り合いで、ゆっくりしゃべる子、いないんですか~。
テンポの良さがいいんですね、なるほど。
でも、「ワレ」とか言われちゃったら、ちょっと怖い感じがしますね。

mikimikyさん、大阪に6年もいたら、マスターですね。
そして、播州やら京都やら、守備範囲が広いです。

「好きやねん」って、人にも物にも使うんですよね。
言われてみたいな、、、(笑)。

TOLAちゃんへ

どリンゴ、、、、。

「違いがわかる男」ですよねぇ、TOLAちゃんは(笑)。

とこさんへ

とこさん、こんばんは!

幼児時代に佐賀に行ったことがあるまみらしです(笑)。
子どもの頃、佐賀からおじいちゃんが遊びに来てくれたけれど、本当に言葉がわからなくて、どまどいました。子ども心には、父には、通じることが不思議と感じました。どこでもその傾向はあるのでしょうけれど、お年寄りの言葉は、難しいですね。
とっても優しかったおじいちゃん。松葉でおもちゃを作ってくたっけ。

アンチエイジングには、あまり興味がない私、、、、と思っていたのですが、、、「若い」に反応してしまった~(笑)。
まあまあ、とこさんもこちらにおかけください。
お茶でも、、、、、(笑)

No title

なんでやねんの国のぱおです(笑)

普通の会話で「何故?」は、女性の場合「なんでえええ~~~!?」(顔も超オーバーアクションで)って言う事が多いかな?
問題の「なんでやねん」って言う場合は、女性の場合はその何故の中に怒りの気持が含まれている場合、
「なんでやねん!(怒)」となります(笑)
おそらく今回まみらしさんがこの言葉を使われたのは、かなり合ってると思いますね、
まみらしさんは性格的にも大阪にむちゃくちゃ合いますので、
出来ればすぐにでも大阪に来てお住まいになられるのがよろしいかと思います(笑)。

あと、意味合いがちょっと違いますが、会話の中で突っ込みの時にも使ったりもしますね。
これは普通に女性でも使いますよ、なんか突っ込まれて、「なんでやねん!」って笑いながら答えます。
この辺はほんとテレビでやってる漫才と同じです。

テレビでお笑い芸人が使ってる関西弁、
あれは大阪でごくごく普通にみんなが使ってる言葉ですよ。
全く誇張したものではないです。

ただ、落語家の人が使う、自分のことを「わたい」とか「わて」とかいうのは言いません(笑)
まぁ昔は言ってたのかもしれませんが…。

方言って面白いですね。
私は男性が標準語で喋ると、それだけで紳士的かつ上品かつ賢い人の思えて舞い上がってしまいます…(笑)

ぱおさんへ

ぱおさん!「なんでやねん」の国からようこそ~!

わ~い!
私は、大阪、合いますかね。嬉しいな~~~。
田舎者なんで、大都会大阪で、ウロウロしちゃうかもしれないですが、行ってみたいです。ホントに。
前にもお話したかもしれませんが、「大阪で食い倒れたい」のです(笑)。

私がつぶやいた「なんでやねん」。大丈夫だったのですね(笑)。
言いやすく、且つ気持ちを表すことばですよね。
普段の会話で「なんでやねん」ってつっこむって本当に楽しそうです。
以前、はなはなさんちで、大阪の方は、いきなり撃たれるマネをされても7割の人が、ちゃんと「うっっ」って、反応すると、伺いました。それ以来、もし、だれかが、私に撃つマネをしてくれたら、絶対に倒れる!と決めているのですが、未だにそのッチャンスはありません(笑)。

本当にそれぞれの地域の言葉って面白いです。そして、年代や同じ県でも微妙な違いは、あるようですね。
「わて」は、ないと聞くと、、、、ああ、使ってみたい(笑)。後は、勇気だけですかね(笑)。

我が家の男性陣4名は、みな標準語で、しかもわりと穏やかで優しく話すタイプの人々です(笑)。ジェントルに思っていただけるでしょうか~(笑)。
私が、大阪の男性の言葉にワイルドさを感じるのと似ていますよね。

No title

ん~京都弁と大阪弁はちょっとちがう時あるな。
前に大阪の子と話してて、ちょっと単語の一言違いで通じなかった(細かいニュアンスよ)お互い「ちがう」、「ちがう」となったことが・・・
京都人は大阪人ほどボケ突っ込みしませんよ~e-264

素敵なブロガーさん、何県の人やろe-257

No title

なんぼでも言わせてもらいます。
「私、まみらしさんのブログ好きやねん!」って。

あと、「違う」の響きも好きやねん。
「違う」は「ちゃう」って言います。
たいがい、「ちゃうちゃう」と続けて言うことが多いです。軽く早く言います。
上司に言う時であっても「ちゃいます」でした。

「違うの?」って聞くときは、「ちゃうん?」
敬語か謙譲語かは「ちゃいますか?」です。
ふざけて言う時は「ちゃうんちゃいまっかー」です。

「違うんじゃないの」は上級編。
「ちゃうんちゃうん」です。
ここでイントネーションを伝えられないのが残念です。

TVなどで聞く「「ちゃいまんがな」は私は使ったことがありません。

「なんでやねん」、「ちゃう」はテンポが大事です。
「好きやねん」は「好っきやねん」って小さい『っ』をいれることで
可愛く聞こえます。
『まみらしさんのブログ好っきやねん!』

長々しつこくて、すんません。

nio3さんへ

楽しいコメントありがとう!

ブログ始めてから、常々思っていましたが、西の方々のパワフルなこと!
今まで、ほとんど交流らしきことがなく、未知の世界でしたが、今は、西からパワーをいただいている感じです。

ここ茨城県にもいっぱい方言はあります。
でも、私の住んでいる地域や職場は、古き良き茨城県を話す人が少ないです。私も含めて。
東京に電車で30分という地域性かもしれません。
でも、近所のお年寄りや上司は、
「いかっぺ。よかっぺ。」
(それで、いいのだ)
と、話しています(笑)。

mikimikyさんへ

「好っきやねん」って!!

mikimikyさん、うれし~よ~(叫ぶまみらし)!
なんだか、ハートにドキュンとやられちゃった感じです。
初めて言われた、、、、。
は~、テンションあがります!
明日からまたがんばれそうな気がする。。。。。

「ちゃうちゃう」も面白いです。
犬の「チャウチャウ」みたいですよね。
かわいいです。
今日、上司に「違います!」と言い切ってしまった私。
「ちゃいます。」と言えたらよかったな~。

私も言ってもいいですか?

「mikimikyさん!好っきやね~~~~ん!」

No title

なんでやねん!!
京都も使うかも。
なんでやさ!!とも言う(笑)

大阪だと、私は、「ほな」が好きです。
色々あっても、わかれるときには、「ほなな」
これ、好きです。

No title

おおきに!まみらしさん!

この時間、お互いのブログに行ったり来たりしていたようですね、私ら。

今日は大阪に行ってきましたよ!
ほんで、「二度付け禁止」の串カツをお腹いっぱい食べて
今、帰ってきたところやねん。

いつか、いっしょに串カツ食べに行けたら楽しいやろなあ・・・とか
考えていましたよ♪

sora さんへ

わ~い!soraさん、京都情報ありがとうございます!

関西を知らない私が言うのもなんですが、「なんでやねん」は、守備範囲が広い気がします。やっぱり、響きも使い勝手も良いんだと思います。
「なんでやさ」は、またまた初めて聞くことばです。
ワクワクします。

「ほな」いいですねぇ。
「ちゃう」といい、「好きやねん」といい、
やっぱり、かわいらしいと思ってしまいます。

mikimikyさんへ

フフ、さっき、遊びに行かせていただきましたよ。

私は、最近、三男の塾のお迎えのために駅まで夜の運転があります。
先ほど帰ってきました。
いつも車で待っている場所から、例の串焼き家さんが見えるのですよ。
田舎ゆえ、いつつぶれてしまうかわからないお店です。
ああ、早く行かなくちゃ(笑)。
この夏のお楽しみです。

mikimikyさんお勧めの「チーズ」とかあるのかなあ。
ほんとにねぇ、mikimikyさんとアレやコレやと串焼き談義しながら食べられたら楽しいでしょうね!
今週、また、チキンカツを揚げました。あれから、すっかり我が家の定番になりました。余ったのは、お弁当に入れました。全く飽きません。
美味しいレシピおおきに!
プロフィール

まみらし

Author:まみらし
物は少なく!スッキリとした生活を目指しています!

ボチボチ更新ですが、よかったら遊びに来てくださいませ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード