暴走ではなく房総

ああ、なんてオバカなタイトルを書いてしまったんだろう(笑)。

一泊で温泉に行ってきました。

自宅から目的地へ向かう途中に寄り道しました。

約40年前に住んでいた場所。
子どもの頃、引っ越して以来、1度も行ったことがありませんでした。

千葉県佐倉市。

ものすごく変わったので、自分が住んでいた家の場所がはっきりわかりませんでした。

幼稚園の頃の記憶ですしね。
そもそも記憶は悪い方です(笑)。

ところが、この鉄塔を見たとたんに記憶がよみがえってきました。

鉄塔

小さい頃、見上げた覚えがありました。

この鉄塔のすぐ下が空き地で、当時は、そこに廃車になって放置されていたトラックがありました。
そこに乗り込んで遊んでいた気がする。

この地に行ってみよう、と言い出したのは家人です。
私は特に行きたいとは思っていませんでしたが、男性はロマンチックなのかな(笑)。




房総の養老渓谷にも行きました。

トンネル

こんな恐ろしいトンネルを歩いて行きます(笑)。

トンネルを抜けるとそこは、渓谷でした。

散歩しました。

「狭い階段や落ち葉で滑りやすい小道で、転ばないように足下に注意しながら景色を楽しむのは難しいです。」

と家人に言ったら、

「せっかくなんだから、足を止めて景色を楽しむように。」

と言われました。

ごもっとも(笑)。


「太陽の里」というところに泊まりました。

太陽の里
送迎用のクラッシックバスが停まっていました。


は~、1時間のアロマエステ、幸せでした。

家人は、タイ古式マッサージでした。
いつも指名しているマッサージ師さんがいるようです。



なんだか暗い写真ばかりですね(瀑)。

帰途は、ひとりで電車を5本乗り継いで自宅に帰りました。

家人は、彼のアパートへ帰りました。

それにしても、夫は妻に自分の単身赴任先に、たまには遊びに来て欲しい、と思うものなのでしょうか。

いろんな方がいらっしゃると思うので、考えもそれぞれでしょうけどね。

彼の引っ越し以来、初めて彼のアパートへ行きました。何年ぶりだろう(笑)。

単身赴任が決まった時に

「アパートの鍵いる?」と聞かれましたが、即答で

「いらない。」と答えてしまいました。

そんな時間はないと思ったから。

ちょっとがっかりしたような夫の表情を見て、お世辞でも「ほしい」と言ってあげた方が良かったのかな、と思いました。その時だけですが(笑)。


私たちは、お互いに忙しいです。

それぞれの仕事、子ども達のこと(大きくなってもそれなりに手がかかる)、両親のこと(介護を含む)、家のことなど。
お互いに協力していかないと生活が成り立たないのです。

同じ方向を見てはいるけれど、時間の共有は少ないかもしれません。

私は、不満はないです(笑)。

私が出勤で、彼が休日で自宅にいる時は、ご飯を作って待っていてくれます。

ありがたいと思いつつ、、、、

でもつい、いつも夫のことは後回しになりがちです。気をつけないといけないですね。

さて、今回、遊びに行きましたので、彼の希望は1つかなったはずです(笑)。



いつか、お互い時間に余裕ができるようになった時も、うまくつき合っていかなくてはなりません。

それが問題だ(笑)。



スポンサーサイト
プロフィール

まみらし

Author:まみらし
物は少なく!スッキリとした生活を目指しています!

ボチボチ更新ですが、よかったら遊びに来てくださいませ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード