日動美術館

笠間日動美術館へ行っていました。

茨城県は笠間にあります。

田舎の静かな美術館です。

私設ですが、ほどよい広さがあります。

有名なものですと、ルノワール、モネ、ゴッホなどもあります。

私は絵には全く詳しくないのですが、日常を離れて、のんびり美術館を歩くのは好きです、たまには。

この美術館の好きなところは、建物が自然に囲まれているところ。

日動1

別館へ行くための外廊下があって、そこを渡るのが好き。


魯山人が住んでいた家が買い取られ、移築されていたので、そこへも行ってみました。

魯山人1
住宅の横にくっついている茶室。

歴史にもうとい私(笑)。

魯山人さんのことはよくしりませんが、

面白い方だったように思います。

りっぱな茅葺き屋根の家の中は。魯山人が自分で作ったベンチ、ステンドぐらす、陶器のトイレ、暖炉、お風呂などがありました。

器だけじゃなかったんですね。

魯山人4

魯山人3

魯山人2
このお風呂は、周りがグルッとガラス張りになっていました。
当時としては画期的な浴室だったでしょうね。

魯山人5

風情のあるお茶室に掛け軸がありました。

「神は 死んだものの神ではなく、生きている者の神である。」  聖書マタイ22:32



ガラス瓶

1年ちょっと前から飲んでいる市販薬があって、その入れ物が嫌いでした。

変な入れ物ではないけれど、ラベルのデザインや色も気に入らない。

偏見ですが(笑)。

そう、、、、必要だけれど、毎日薬を飲むことがうっとうしいので、気分が下がるの。


そこで、好きな瓶に入れ替えました。

瓶1


かわいくてどうしても捨てられずに1個だけとっておいた瓶。

ディーン&デルーカの人参ジュースが入っていた瓶です。

やっぱいいわぁ〜。

でも、この写真だと良さが全然伝わらない(笑)。

やや細長くて、小さな取っ手のような物が付いており、そこに紐などが通せるようになっているのです。

好きな瓶に入っているだけで、気持ちが全然違います。

単純って思うけど、私には大事なこと。



母は、この瓶にカラフルなふりかけを入れていました。

2本分も。

やっぱ親子だわ(笑)。

母によると、サラダにこのふりかけをかけると綺麗だし美味しいそうです。



1本だけこの瓶をとっておいて良かった。

物を増やさないために、普段、瓶類はとっておかないようにしています。

でも、乾物などを入れるために、いくつかのメーカーの空き瓶を利用しています。

そのお話もいくつか記事にしたいです。


キッチンブラシ

そろそろボロボロになってきたキッチンブラシを交換しました。

お気に入りのタンピコのキッチンブラシ。

タンピコ


ドイツのGeRo社のもの。

今は、これと同じ形のプラスチックのタワシもよく見かけますが、どうしても木製がいいの。

手でつかんだ感触、ブラシ部分の腰の強さ。

このブログで以前にも記事にしたことあります。

いったい何年前だったかな。

これで何代目かわからないくらいのリピしてます。

お気に入り。

野菜やザルをガシガシ洗います。

いっぱい働いてくれてありがとう。

新しいタンピコさん、よろしくね。



スッキリと、

そしてできれば、きれいに暮らしたい。

そう思って、日々の生活をしていますが、そう思いどおりにはならないです。

私が苦手と思うのは、「そうじ」。

日々の生活の中に、日々の掃除をいかに組み込むかが難しい。



なるべく部屋の中をスッキリとシンプルに、

でも、ちゃんとお気に入りの物たちにも囲まれて

見た目も綺麗で、かつ、暮らしやすく


よくばり(笑)。


掃除が苦手なので、部屋の中は物が少ない方が絶対に楽と思うのです。

もしかしたら、掃除を楽にしたいので、物を減らしたいのかな(笑)。


そのうち、お掃除計画記事も書きたいな。



さて、明日からまたお仕事、がんばろうっと。

かわいい!

こんなかわいい猫をいただきました。

黒猫ちゃんと肉球のシュガー。

うれしい。

ねこ1

埼玉県川越市にある「平蔵」というお店の商品とのこと。




くろねこ。
ねこ2


肉球。
ねこ3



ああ、もったいないけど。

紅茶を注いじゃうよ。


ねこ4

きゃ〜、とける〜。

こっち見てるよ。



いただきます (*^_^*)



ごちそうさまでした  (*´∀`人 ♪

ありがとうございました +゚。*(*´∀`*)*。゚+

えっと、肉球はまだとってあります。

今度またゆっくりお茶する時にいただきます。


年度末は仕事が一番忙しい時期です。

毎日追い詰められるようにバタバタと書類を作ったり、出かけたり。

時間はあっという間に過ぎてしまう。

焦る。

そんな時の幸せなティータイム。

ホッとします。

キッチンキャビネット コーヒー関係とザルの場所

前記事のキッチンペーパーホルダーが引っ掛けてあるキャビネット

ペーパー5


このキャビネットには、

下段
①コーヒー関係

上段
②竹ザル(大小)

③ライティングウォーマー

が収納してあります。


コーヒーメーカーは持っていないので、サーバーにお湯を注いで入れます。

まあ、毎朝、インスタントコーヒーを飲んでおり、粉や豆で飲むのは、時々ですけどね。

それでも たまに手でゴリゴリと豆を挽いて、コーヒーの香りを楽しむのも悪くないです。

コーヒー1

30年使っているコーヒーミル。


竹ザルは、我が家に遊びに来た父が買い物の途中で買いました。

蕎麦、ソーメン好きの人なので、竹ザルが欲しかったらしい。

夏の休日のお昼ご飯に家族とソーメンを食べる時に使っています。

そうそう、自宅でオレンジピールを作った時もオレンジの皮を干すのに使ったっけ。


ところで、
ライティングウォーマーなんて使う時があるのか!?

コーヒー2

ほとんどないけど。

なぜとっておくのか。

捨てない理由は、、、、、私の結婚式の引き出物だったからです。

夫が「捨てないで」と言うものですから。

注:「捨てないで」というのは、夫のことではなくライティングウォーマーのことです、念のため(笑)。

30年ほど前は、こんな感じの引き出物は結構あったように思います。

調理はできません。保温専用。

手で触れないほどに熱くなります。

今思えば、なんでこのような物を選んだのかわかりませんな。

でも、当時は、私も若く、家事の経験もなく、大して考えなかったのでしょう。

時代を考えても、こういうものがカタログなどにもいっぱいあったように思います。

コーヒー3

コンセントを入れると光る。

コーヒー4

電気を消すと、よりきれい。

コーヒー5

物を乗せるとこんな感じで、雰囲気はいいです。

しかし、部屋を真っ暗にして使うこともない(笑)。

紅茶

だからこんな感じ。

まあまあいい感じ。

紅茶を入れましたが、こはく色はわからなくなりますね。



これを引き出物にもらった人は、ほとんど使っていないでしょうねぇ。

当人の私でさえ、数回しか使った記憶がないですから。

(このライティングウォーマー、さぞ皆様の家の押入れふさぎになったことでしょう)

今なら、もう少し気の利いた物を選ぶと思いますが。

食べ物ばっかりとか(笑)。

このキャビネットは、キッチンカウンターの右上にあります。

便利な場所のひとつ。

コーヒーは夫がいれることも多いので、彼にもわかりやすい場所にしてあります。

ペーパー6

心がけたことは、
キャビネットを開けたら、下から見上げても物が見渡せること。

うん、よく見える。

プロフィール

まみらし

Author:まみらし
物は少なく!スッキリとした生活を目指しています!

ボチボチ更新ですが、よかったら遊びに来てくださいませ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード